電動アシスト付き自転車で楽しむ

アシスト付は一般的なものよりも自転車自体が重い

以前に販売されていたものと比較すると,、
アシスト付自転車自体は軽く作られています。

 

しかし、アシスト付ではない一般的な自転車と
比較すると、バッテリーなどを含めて付属している
ものがたくさんありますし、備わっている機能や
付属しているものが増えれば増えるほど、
重量も増える可能性もあります。

 

一般的な自転車よりも重いとしてもアシスト付は
電源を入れてペダルを漕いでいれば、
坂などを上ったとしても重さが気になる心配は
あまりありません。

 

しかし、ペダルを漕いでいない時や電源を切っている
時などは一般的な自転車よりも重さが負担になりますし、
電源を入れずに切ったままで坂などを上ろうとすると、
子供や重い荷物などを乗せているときのように
重さがより大きな負担になります。

 

アシスト付自転車は備わっている機能などによって
重さなどに違いがあります。
そのため、力があまりない方などには負担を少なくする
ためにもできるだけ軽いものが向いています。